一般社団法人 信州上田観光協会 うえだトリップなび

特集記事

長野のソウルフード「おやき」上田市街の人気店を武将隊と巡る♪

長野県のソウルフード、おやき。小麦やそば、米などの粉を練ってまとめた生地に、あんこや旬の野菜、果物などを包み、焼いたり蒸したりして作る郷土料理です。上田市を含む東信地域では、蒸して作るおやきを扱う店舗が多く、もちっとした食感が人気。今回は、信州上田おもてなし武将隊の猿飛佐助、望月六郎と一緒に、市街地で人気の3店舗を巡りました。

 

▶︎▷素朴な甘さでもちもちおやきの「やまざきや」

1件目は、上田市中央の房山(ぼうやま)にある「やまざきや」。昭和31年の創業以来、変わらぬ味を受け継ぎ、店頭にはその日に作ってその日に食べる「朝生」と呼ばれる身近なお菓子が並んでいます。

メインで製造を担うのは、3代目の山崎恭平さん。朝から100個近くを包んで蒸すというおやきは、厳選の小麦粉を湯捏ねした、ほんのり甘いもちもちの皮が特徴です。全て手作りで、ひとつひとつ違うぽてっとした見た目は愛嬌たっぷり。てっぺんに乗るゴマや青のりで、中身が見分けられるようになっています。

いただいたのは定番の「野沢菜」「ひじき」のおやき。シャキシャキと歯応えが良く、甘辛く味付けした野沢菜の隠し味は七味唐辛子。食べても辛さは感じませんが、キュッと味が引き締まり、甘めでもちもちの皮によく合います。

ちょっと珍しいひじきのおやきは、女将さんのイチオシ。シャキッと食感が残り、クルミ和えしてコクをプラスしているというひじきは、少し甘めで優しい味。おやつにも食事にも、おいしくいただけそうです。

お店のショーケースには、他にも大福やお団子などが並びます。米粉の甘みが感じられるお団子は、常時7種類から11種類。お花見に合わせた桜あんや、初夏に爽やかなさんしょう味噌、ずんだ、栗、芋など、味を通じて季節を感じられるのも魅力です。

武将隊のブラウエダ「やまざきや」動画はこちら!▶

 

▶︎▷伝統を守りながら新しさを追求する「倉田菓子舗」

次にお伺いしたのは、古い街並みが残る柳町からほど近い場所にある「倉田菓子舗」。お店の前の駐車スペースに車を置いて店内へ。若女将の倉田明美さんが、優しい笑顔で出迎えてくださいました。

もとは伊那市が発祥で、行商を行っていた歴史もあるという倉田さん。上田市に店を構えたのは昭和10年のことです。創業以来こだわっているのは、無添加で身体に優しい、嬉しい食。小麦粉と米粉を配合し、防腐剤の代わりに梅酒を入れたおやきの皮は、もっちりしっかり食べ応えがあります。

いただいたのは、新しい商品を開発し続ける2代目おすすめの「バナナ」おやき。カリッと揚げられて粉糖のかかったおやきは、一見するとドーナツのよう。バナナの酸味と甘みに、シナモンと自家製あんこが合わさり、しつこくないあっさりした甘さが特徴的。お茶にも紅茶にも、コーヒーにも合う一品です。

もう一種類は「長ナス」。こちらも揚げてあって、サクサクもっちりした食感がクセになるおやきです。中に入っているのは、夏は信州では馴染み深い丸ナス、冬は長ナス。刻まずに大きなままを使い、間に味噌を挟んで甘辛く味付けされています。

店内にはイートインスペースがあり、お団子は注文するとその場で焼いて温めてくれるサービス付き。もちもちなのにふわっとした口当たりで、素朴な米の甘さと香ばしい焦げ目がたまりません。おやきは常時13種類、お団子は4種類と、選ぶ楽しさもあります。

武将隊の「ブラウエダ」倉田菓子舗動画はこちら!▶

 

▶︎▷上品でやわらかな口当たり「玉喜屋」

最後に訪れたのは、明治2年(1869)創業の「玉喜屋」。5代目店主が伝統の味を継ぐ、老舗の和菓子屋です。

各家庭で作られていたおやきを店で扱うようになったのは、おそらく2代目の頃。厳選した具材と、こだわりの地粉を湯捏ねして作る皮のバランスがよく、お茶菓子としても食事としても人気があります。

おすすめは、春の訪れを感じるふき味噌と、有機栽培のナス。ふき味噌に使われるのは、1月の終わりから3月の中頃にかけて収穫された地物のふきのとう。信州味噌と鰹節、砂糖で味つけされています。特有のエグ味は少なく、ホロっと残る食感がアクセントになって、ぷるっともちっとした生地とよく合います。収穫される量によっては年間通じて店頭に並ぶそうですが、少ない時は半年で販売が終わってしまうそうなので要注意。春のうちに頂きたい旬の味です。

もうひとつのおやきは、地元の生産者から仕入れた有機栽培のナスがポイント。夏は丸ナス、それ以外の時期は長ナスを刻んで油で炒めてあります。甘辛い味付けは信州味噌と砂糖。シンプルで飽きのこない、定番の味を守り続けています。

玉喜屋といえば、お団子や大福、おまんじゅうなどの身近な和菓子の他、くるみのクッキーや蕎麦味噌饅頭 「奏龍」など、焼き菓子も充実。お土産物にも喜ばれる、豊富な品揃えが魅力です。

武将隊のブラウエダ「玉喜屋」動画はこちら!▶

 

信州の粉食文化によって生まれたおやきは、旬の食材が入って腹持ちが良く、栄養満点。シンプルだからこそ、それぞれの店で違った味わいが育まれています。シーンや気分で、ぜひ、色々な味に挑戦してみてください。

INFORMATION

 
やまざきや
住所
上田市中央5丁目10−20
TEL
0268-24-8895
営業時間
8:00〜18:30
定休日
火曜(月1回連休あり)
 
倉田菓子舗
住所
上田市中央4-6-18
TEL
0268-22-1769
営業時間
10:00〜17:00
定休日
毎月6の付く日
 
玉喜屋
住所
上田市中央3-8-19
TEL
0268-22-3751
営業時間
9:00〜18:00
定休日
月曜日(祝日の場合は営業)